特集☆アゼルバイジャンGP徹底ガイド

はっきりと速度を把握することができます。

レースの状況によって、結果が大きく変わります。アゼルバイジャンのGPを比較すると、サーキットの状況をすぐに理解することができます。また、タイヤの状態も把握できるので、レースの雰囲気を素早く確かめることができるようになります。

動画を参考にして、最新情報を入手することができますし、決勝レースの様子も見学できるので、貴重な体験をすることができます。選手の心境を振り返りながら、レースの予想をすることが可能です。ツアーで申し込むと、限定のツアーもあって、内容が充実しています。

ツアーによっては、添乗員が同行をして、レースのアドバイスをしています。ツアーは、ビジネスクラスなど、通常では体験できないプランもあるので、満足度が非常に高いです。レースは市街地を走行するので、迫力があって初心者でも感動します。

WST

アゼルバイジャンGPスタンドからコースの美しい景色を眺めることができます。モデルプランも用意されていて、効率の良い観戦が可能です。そして、安価でお得にF1ツアーに参加でき、好きなスタンド席を選べます。

延泊などのアレンジにも対応してくれ、空港についてからホテルまで専用の送迎車が用意されています。自分自身で空港チケットの準備も可能で、マイレージポイントの獲得もできます。希望に沿ったF1ツアーを構築できます。

WSTは添乗員さんが同行してくれるのでサポート体制が整っています。案内してくれるため、トラブルの可能性を最小限に抑えることができます。そして、快適なツアーにつながり、身の安全もしっかりと確保されます。

安価でお得なF1観戦ツアーが可能
マイレージポイントもしっかり貯められる
添乗員さんのおかげで、快適性がアップ
公式サイトはコチラ

H.I.S.

F1のGP観戦をする際には、H.I.Sを利用すると、GP観戦はもちろん2つの世界遺産を観光するなど1週間を楽しく満喫することができるツアーとなっています。GP観戦だけでなく、観光もツアーに含まれている点もとても魅力的ですね。

このツアーでは、F1アゼルバイジャンGPをたっぷり3日間観戦することができ、なんとF1チケット入場券も付いています。そのため、F1好きにはたまらないプランとなっています。ホテルからサーキットまでの移動も、日本語ガイドが同行して往復送迎を行うため安心して移動することができます。

支店もたくさんあり、H.I.S.バグ―支店が現地でサポートしてくれるため何かあった時や分からないことをいつでも聞くことができます。初めての海外旅行で不安のある方でも安心して渡航することができます。そして、2018年・2019年のH.I.S.F1ツアーへ参加をした方には、5,000円のリピーター割引もあります。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

F1チケットと3日間のGP観戦
日本語ガイド付きで安心、世界遺産も含めた観光
H.I.S.の支店が現地で安心サポート
公式サイトはコチラ

パーパスジャパン

世界中での目的を伴った旅行を提供するパーパスジャパンには、アゼルバイジャンGPのプランも用意されています。依頼すれば似た形のプラン作成も可能ですが、基本は移動と宿泊などがセットになっていて予定も決まっています。

観戦チケットは別途購入する形なので、自分の希望に合ったものを選択しやすいのも特徴です。また宿泊期間の増減や発着場所の変更、ホテルのアップグレードなどで柔軟性があり、料金次第ではより希望に近づけることも可能です。

基本のプランだと最少人数が2人からとなっていますが、問い合わせ次第では1人でも対応できる可能性があります。また料金をプラスすると、1人部屋を追加することもできます。

充実した専用のプランをご用意
日程の調整が可能など内容に柔軟性がある
料金次第でホテルをアップグレードできる
公式サイトはコチラ

F1 エクスペリエンス

F1 エクスペリエンスのサービスを提供しているこの会社では、アゼルバイジャンGP向けのプランを利用できます。有名なカーレースのF1は人気が高く、チケットの購入やホテルの手続きを頼めるこの会社に相談すれば楽しめます。

特別なカーレースを見るための手続きは難しくなく、日本国内から簡単にできるので手間がかかりません。F1を運営している組織とも協力関係があるため、安心して観戦用のチケットなどを手に入れられる特徴があります。

アゼルバイジャンで行われるGPを見たい時は、現地のホテルを予約して必要な準備をする必要があります。この会社が提供しているF1 エクスペリエンスのサービスを使えば、そのような手間を軽減できるので安心して利用できます。

特別なカーレースの組織と協力関係がある
多くの人から信頼されるサービスの提供
安心してサービスを利用できるセキュリティ
公式サイトはコチラ

日通旅行

F1GPは世界各国で行われているのですが、アゼルバイジャンは開催国としてはかなりのレアケースです。普段個人でいく事はあまりないかもしれませんが、グランプリ観戦と一緒に観光も出来てしまうので満足感が大きいです。

日通旅行にはGP観戦記という過去のツアーの写真が掲載されています。どういったホテルに宿泊するのかやサーキット近辺の様子などが掲載されていて、しっかりしたツアーであることがわかります。レース以外でも楽しめる事が伝わってきます。

海外で個人で交通機関を利用して目的地まで行くのは、非常に大変な場合があります。特にアゼルバイジャンのように日本からの旅行先としてメジャーでない所は、移動に専用車が使われる事は旅先での安心感を与えてくれます。

珍しいGP観戦が可能な所が嬉しい
実際のグランプリ観戦記があるのでイメージしやすい
専用車でスムーズに移動できるので安心
公式サイトはコチラ

かもめツアー

かもめツアーのアゼルバイジャンGP観戦ツアーでは、コースの観客席から大迫力のF1レースを観戦することができるためF1などのモーターレースの観戦が好きな方や一度レース場でレースを体感したい方にとてもおすすめのツアーとなっています。

アゼルバイジャンGPはアゼルバイジャン共和国首都のバクー市街地を利用したレース場となっており、バクーの街並みを眺めながらF1レースを行います。ですので、観客席からバクーの歴史ある町並みを眺めつつレースを楽しむことができるためおすすめです。レースの観戦ついでに、バクーなどの観光ももちろんできます。

このツアーを主催しているかもめツアーは一般社団法人日本旅行業協会(JATA)の正会員であり、なおかつかもめツアーや東証一部上場企業であるIBJのグループ会社であるため安心感がとてもあります。電話でのサポートは、東京と大阪にあり東京の窓口は営業時間が10時から19時までの平日・大阪の窓口は営業時間が9時半から18時までの平日であればいつでも受け付けています。定休日はともに土日祝日のほか年末年始がお休みの日となります。

大迫力のFIレースをしっかりと観戦することが可能
アゼルバイジャンGPレースはここが一味違う
東証一部上場企業のグループ会社だから安心
公式サイトはコチラ

アゼルバイジャンの首都バクーに設定される特設の市街地コース

F1グランプリといえば周回コースを何回も回ってそのスピードとカーブを回るコーナリングのテクニックで優劣を競う過酷なレースです。その距離はインディ500に象徴されるようにかなりの長距離となりました。2016年に F1グランプリの開催に異変がありました。周回コースではなくて市街地コースで開催されるようになったのです。それはアゼルバイジャンの首都バクーに設定される特設の市街地コースなんです。F1グランプリの当日は、その地域は当たり前ですが立ち入り禁止となります。時速200kmを越すようなスピードで市街地を駆け抜けますので、とても危険なのです。それ以来このアゼルバイジャンGPはものすごい人気となっています。それは一体なぜなのでしょうか。おそらく市街地の走行では、そのスピード感が違うからだと思います。

2016年にはこのF1グランプリはヨーロッパGPの名称だったのですが、2017年からアゼルバイジャンGPとなりました。サーキット名はバクー市街地コースです。設定されたのは前述の通り2016年です。このF1グランプリのコースのデザインはヘルマンティルケによってなされました。コースの全長は6,003mです。コーナーの数は20にも及びます。一周が全長6,003mのコースを51周します。ということは約300kmを駆け抜けるレースということになります。インディ500に比べると若干全長は短いのですが、そのぶんコーナーが多いので難コースであるということができます。コースの周回方向は時計回りと決められています。 2019年シーズンのはじめに、アゼルバイジャンGP予選のドライバー及びチーム別のスピードラップを集計しました。

このコンテストで第1位になったのは意外にも予選9番手のカルロスマクラーレンです。エグジビションマッチとはいえ予選9番手の選手がいきなり1位に輝いたので、F1関係者も、F1のファンも大変驚かされました。バクー市街地の特設コースでスピードラップは計測されました。フィニッシュラインの体育手前に位置するターン20から210m奥の地点でスピードの測定がなされるのです。トップスピードでその計測はなされます。エンジンの馬力やスリップストリームの有無のほかに、計測地点前のコーナーの種類やトラクション性能、ダウンフォースレベルや車体の空気抵抗といったような様々な要因で、その計測値は上下するのです。いずれにしても予選9位の選手が、いきなり第1位の成績をあげたので、F1関係者のみならず、F1のファンたちも 大変驚かされました。