新宿にあるバーチャルオフィスをご存知ですか

東京の中心ともいえる新宿区、そこにオフィスを構えようとすれば、かなりの費用が必要になります。新宿は地価も非常に高いですから、ごく小さな事務所であっても、かなりの賃貸料が発生するでしょう。しかし、そんな高額な費用を払わなくても、都心の一等地などに、オフィスを構えて起業する、ということが可能です。バーチャルオフィスであれば、どんなに人気の高い地域、地価の高額な地域であっても、低費用で借りることができます。これから起業をしたいという方、できるだけ費用を抑えつつ、会社をおこしたいという方は、まずバーチャルオフィスを検討してみるのが良いかもしれません。経費を最大限に抑えることができる、ごく少ない初期費用で起業ができるなど、様々なメリットがあります。

バーチャルとレンタルの違いとは

新宿で事業者向けの不動産物件などを契約すれば、相当な費用が発生しますが、レンタルオフィスなら、ややその費用を低減することができます。レンタルオフィスは、特定のスペースをレンタルするものであり、低費用で起業したいという方に、適しているサービスです。しかし、実際に場所を借りることになりますから、一等地など地価の高い地域であれば、レンタルオフィスの費用も、それなりに高くなると考えられます。バーチャルオフィスは、スペース自体をレンタルするものではありませんので、一等地であっても、レンタルオフィスよりも安く用意することが可能です。初期費用と経費を削減して、できるだけ安く起業したいのなら、レンタルよりもバーチャルの方が、コストの点では優れているといえます。

自宅での起業と比較した場合のメリット

バーチャルなオフィスを借りる場合、作業スペースなどは他に用意する必要があり、自宅をオフィスがわりにする、という方も多いでしょう。その場合を考えると、はじめから自宅で起業しても良いのでは、と考える方もいるかもしれません。しかし、たとえばマンションなどの場合、事業利用が禁止されていることがありますので、注意が必要です。また、自宅を会社として登録し、公開するということになりますから、家族などと一緒に暮らしている場合、不安に感じられる方も多いでしょう。バーチャルオフィスを用意すれば、起業した会社の住所として利用できますので、プライバシーの点でも、メリットがあります。また、都心の一等地や人気の地域にオフィスの住所を登録できますから、会社のイメージアップにもつながるでしょう。