新宿のバーチャルオフィスを利用している人は

個人の起業家を中心にバーチャルオフィスを利用している人が増えています。このオフィスの最大のメリットは、都心の一等地に自分の会社の住所を格安で持つことができることです。新規事業所を立ち上げる場合には、当然、利益はありませんから、個人の起業家は自己資金を投資することになりますが、高額な賃料の上に敷金や礼金を払う余裕がない起業家も少なくありませんから、こういったサービスは、非常に有益なものだと言えるのです。例えば、人気の新宿でオフィスを借りる場合、規模にもよりますが月額数十万円の賃料がかかります。ところが、バーチャルだと1万円程度で借りることができます。さらに、最近ではレンタル会議室がオプションとして用意されているオフィスもありますのでとても便利であり、さらに需要が拡大することが予測されます。

バーチャルオフィスのメリットについて

こういったオフィスの人気スポットと言えば、都心の中でも新宿が圧倒的です。というのも、このエリアには一部上場企業をはじめ、大企業の本社や支店が数多く並ぶビジネス街です。このエリアにオフィスを構えることは、起業家にとって大きなステータスでもあります。また、人気スポットだけに仮想オフィスも数多く稼働しており、非常に競争が激しいため、それに打ち勝つために様々なサービスを展開していることも人気を集める理由の一つです。例えば、会社登記が可能であったり、レンタルオフィスを併設しているバーチャルはこのエリアに集中しています。さらに、交通のアクセスが良いことも選ばれている理由です。最近のバーチャルには、会議室やコミュニティルームが常設されていますから、普段の業務は別のオフィスで行っていても、週に何度かバーチャルで打ち合わせ等を行う会社もあるので、アクセスが良いことは大きなメリットです。

新宿でバーチャルオフィスを利用する人が多い理由

新宿でバーチャルオフィスを利用しているのは、個人事業主が最も多く、その次に地方に本社をもつ中小企業が利用しています。個人事業主の場合、新規ビジネスを展開していく上で、このエリアにオフィスを持つことが、一つのステータスであり、また、クライアントへの信用にも繋がることが、このエリアにバーチャルを借りる理由です。一方、地方に本社を持つ中小企業がこのエリアにバーチャルを借りる理由は、東京進出の足掛かりとしたいからです。地方の中小企業において、東京都内、しかも都心の一等地にオフィスを構えることは、一つの賭けであり、相当な初期投資が必要となります。しかしながら、地方の中小企業が最初から多額の初期投資を行うことは、とてもリスキーですから、安価なバーチャルを最初に拠点としているのです。